院長紹介

line_oa_chat_220730_142428.jpg

院長 
加藤 大和
 Hirokazu Katou
はり師
きゅう師
あん摩マッサージ指圧師
​ファンクショナルローラーピラティスベーシックインストラクター

 初めまして。庚午町のかとう鍼灸整体院、院長の加藤大和です。
院長とは言っても、妻と二人でやっている小さい院ですので、飾りみたいなものですが…。

まずは、数ある治療院の中から当院に興味を持ってくださり、ホームページを見ていただき、本当にありがとうございます。当院のことを知ってもらうために、私がどういった人かを知って頂ければと思いますので自己紹介させてもらいます。少し長くなりますので、お時間がある方はお読みください。

父親の仕事の関係で奈良県で生まれ、2歳まで奈良にいたのですが、そこから母親の実家のある広島の江波に引っ越してきました。栄光幼稚園→江波小学校→修道中学・高等学校→愛媛大学を卒業したのちに大阪市内の専門学校で3年間勉強し、国家試験に合格後、広島に戻ってきてから【つくし鍼灸接骨院安佐南本院】で働き始めました。

2017年の6月、現在の当院がある場所に【つくし鍼灸接骨院庚午院】がオープンしたので、私はオープンのスタッフとして庚午に異動し、気づけば一社員から院長になったのですが、とある理由から数年した時に庚午院を閉院することとなりました。

私は庚午院の患者さんに思い入れがあり、かつ、まだ治療途中の方も多かったため、当時の社長のご厚意で、私自身の独立という形で院の名前を変えて患者さんを引き継ぐことにしました。元々、「いつかは開業!」と思っていましたが「想定外のタイミングでの開業」という形でした。

 つくし鍼灸接骨院では、腰痛や肩こり、股関節痛や膝の痛みから、産後の骨盤矯正や眼精疲労、ピラティスについてなど、本当に様々なことを学び、色々な患者さんに出会わせてもらいました。
また、ピラティスのインストラクターの資格を取らせてもらったこともきっかけとなり、この頃から元々興味のあった『根本改善』と自分自身が小さい頃に苦しんでいた『首・肩こり・頭痛』に対してさらに興味・関心を持つようになりました。

​他の院に行かれた方は分かるかと思いますが、当院は少し特殊です。来られた方に対して、治療者側がただ施術をするのではなく、患者さん自身に治療に積極的に参加してもらいます。これは私が勉強したことや実際の現場での体験を基に
「自分の身体に起こっている症状は自分自身に原因がある」という結論に至ったからです。

​この考えを少しでも多くの方に広められるように、このように鍼灸整体院という形で活動を行っております。もし、今、症状に苦しんでいるあなたが本気で身体を変えたいと思われているなら私は喜んで力になります。
変えるのはあなた自身で、私ではありません。ただ、全力でサポートさせてもらいますので、どうぞよろしくお願いします。

なぜこの世界に入ったのか

 私は高校卒業後、愛媛大学法文学部人文学科という今の業界からは全く関係ないところに入学しました。勉学の面で言えばやや不真面目くらいの所にいるような学生だったのですが、アルバイトとサークル活動だけは割と真面目に行っていました。

その中で、この世界に入るきっかけが二つありました。まずは、アルバイト中に色々な人から直接「ありがとう」と言ってもらえることの嬉しさを感じたため、人と直接触れ合える仕事に就きたいと思ったこと、もう一つは、仲良くしてもらっていたある先輩が事あるごとに「マッサージしてくれ」と頼んできて、やる度に「加藤はマッサージ上手いな」と褒めてくれたのが嬉しかったのが二つ目です。単純な人間です(笑)

これだけだとちょっと言葉不足なので…、もう少し詳細に書いていきますと、元々高校生の時に私は理学療法士になりたいと思っていました。理由は小学校の頃にソフトボールをしていたため、なんとなくスポーツに関わりたいなーと思っていたのと、当時はまだ理学療法士も少なく、食いっぱぐれないという話を聞いていたというくらいの理由です。

何も考えていない私は文系に進んでいたため、とてつもなく狭き門を通ろうとして見事に受験に失敗。それでも何かスポーツに関われるものはないかと考えた時に、自分が肩こりで辛い時に鍼灸を受けていたことを思い出し、鍼灸の大学を受け、合格はしたのですが、「医療系の大学は本当にその道しかなくなる」という助言をある整体師の方からもらい、同様に興味のあった分野を考えて愛媛大学に入学しました。

そこからは一番上に書いたようなきっかけがあり、この業界に入りました。
遠回りをして元の道に戻ってきたという感じです。回り道をさせてくれた親や周囲の環境に本当に感謝しかありませんし、遠回りをしたことで多くのものを得ることが出来ました。

本当に周りの人に助けてもらって生きてきたので、
周りの方を少しでも助けていきたいというのも自分がこの仕事をしている理由でもあります。

私はこんな人です

 長い文章を読んでくださり、ありがとうございます!もう少しで終わります!
私は
「頑固で不器用、患者さんに噓を付けない、にっこり笑うのが苦手」です!

私の治療は一貫してます、あなた自身が
「自分で自分の身体をコントロールできるようにする」ための治療を行います。逆に言うと、これ以外の治療を私は行えません。当然、その過程で症状は改善していきますが、もし、あなたが「一回で終わりたい、どうにかしてくれ!」と言われたら、治療をお断りするかもしれません。

また、自分の手に負えない、自分の分野ではない症状の場合は、その症状の専門の機関をお伝えします。「治せないと分かっていて、治せます」という嘘をつくのが出来ないからです。

このホームページを見て、この文章まで見ていただいている方は、本当に症状に苦しんでいる方だと思います。そんなあなたのお力になれればと本気で思っています。

出来れば多くの方を救えれば一番ですが、当院を選んでくださった方にしか私は直接のお手伝いはできません。少しでもつながりが出来たら、全力で治療します。

もし、よろしければ私のところにご連絡ください。